結婚式の費用を抑えるコツを掴んでお得に式を挙げよう。

新郎新婦

自作映像で費用削減

結婚式

結婚式のムービー作りは費用を抑えるポイントにもなりますが、自分で技術がない場合は素直にプロへ依頼しましょう。結婚式に流れるため、センスと構成力がないとちょっと寒い状態になってしまいます。

詳しく見る

費用削減の策

結婚式

結婚式、漠然といくら位あれば良いのかと考えている人もいるでしょう。しかし、それは行なう規模によって異なります。問題はどこまで親戚や友人、会社の人を呼ぶのかです。この人数で、会場の大きさや料理の数、席の数、ペーパーアイテムや花飾りの数などが変わってきます。少数人数で行なう結婚式なら小規模の価格や小さな結婚式のプランでも十分対応します。神前結婚式で家族や親族のみで行なうといった場合も少数で済むことでしょう。まず、結婚式の費用においてかかるのは、式場を借りる費用、二次会の場所貸し切りの費用という場所に関する費用。次に食べ物や飲み物といった食に関する費用。結婚式に欠かせないテーブルごとの花や装飾、ウエディングケーキやペーパーアイテム、ブーケ、ウェルカムボードなどの装飾費用。さらに引き出物や返礼、招待状の費用。ウェディングドレス、タキシード、二次会ドレス、和装、髪飾り、家族の衣装レンタル代などの衣装費用がかかります。またそれに加えて、婚約指輪、結婚指輪、二次会の景品とかかってくるのです。前撮り写真や映像制作費用、それに加えて、ブライダルエステやヘアメイク、ネイルにも費用がかかる場合もあります。かかってくる費用を把握するのが、結婚式で費用を削減するのに重要です。その中でも一部は手作りすることで費用を抑えることができます。例えば指輪の手作りで材料費引き下げ。ブーケ作りや席に置くアレンジを自分で行なうことで花代のみで済ませる方法。ペーパーアイテムやウエルカムボードや招待状、映像制作も自分でできる技術があれば安く済みます。その他、行なう月をオフシーズンにすることで安く押さえることも可能です。

神前結婚式の費用

花嫁

神社挙式の相場は大体3万から10万程度と言われています。場所や演奏を追加するかによっても価格は変わってくるようです。神社や寺ごとで金額に変動があるので、安く抑えたいなら確認しましょう。

詳しく見る

失敗しない結婚式

女の人

ブライダルヘアメイクでは、これが出来を左右しますので、ドレス以上に気を配る必要があります。ここではあまり削減を考えない方が無難でしょう。しっかりしたメイクやサポートができるところを選びましょう。

詳しく見る

Copyright © 2016 結婚式の費用を抑えるコツを掴んでお得に式を挙げよう。 All Rights Reserved.